本日は為替取引というものの根本的原因に携わるお話をします。為替取引を簡潔に言うと「直接的に持ち金の送金をすることなくお金のやり取りの望みを果たす取引」を示します。普段為替取引といえば主に外国の為替のことを言っているという場合が一般的です。外国為替を簡潔にいうと国と国の貨幣の引き換えのことです。海外旅行(スペイン、中国、ベトナム、アメリカなど)をしていれば、国際為替のやり取りをしたことがあると思います。銀行にて旅行先の金と交換をしたのであれば、それが外国の為替になると思います。為替相場を簡潔に説明すると、買いたいと思っている人と売りたいと思う人の金額を言ったものです。銀行同士の取引によって決定されます。その銀行がマーケットメイカーと言われる世界中で指定されたいくつかの銀行です。為替相場はいろんな影響を受けつつもなお休む暇なくみるみる変化します。為替レートを動かす要因となるのはファンダメンタルズというものが考えられます。ファンダメンタルズというのは経済状況、経済の基盤とか様々な条件のことを言います。各国の経済の拡大や景気の状況、物価、金融政策、外国取引の収支、失業者の割合、要人発言などの原因が関わって為替のレートは変わって行きます。貿易収支や失業者数は影響力が大きいと思います。貿易収支とは何かと言うと日本でいうところの省庁(外務省)の指示で日銀が外国貿易統計を土台として作った他国とのある日数の経済上のやり取りを記録したものです。統計は行政機関や中央銀行のホームページの中で見ることができます。就労者の統計・失業者数もチェックされる要素と言われます。格段米の労働者の統計は重要となります。月次で公表されリサーチのねらいが広いのがミソです。為替相場の変化は各国の経済の変化を示しているのです。経済の動向を読むことで為替の動向の把握が可能と結論付けられます。